イラストでも使える3Dツール!ninnzinn先生の【SketchUp】活用講座

f:id:ex-design:20151027202003j:plain

皆さんこんにちは!エクスちゃんです!

f:id:ex-design:20151027202006j:plain

今回はイラストレーターninnzinnに普段仕事で使っているテクニックを伺っていきます。

f:id:ex-design:20160928171123p:plain

今回担当のninnzinnです。宜しくお願い致します。

f:id:ex-design:20151027202024j:plain

さっそくですが、ninnzinnさんが仕事で活用しているテクニックを教えてください!

f:id:ex-design:20160928171122p:plain

では、僕がよく使う「SketchUp」というソフトを紹介してみようと思います。

f:id:ex-design:20151027202015j:plain

スケッチアップとはどんなソフトなんでしょう?

f:id:ex-design:20160928171125p:plain

3Dモデリングソフトです。
イラストの一部を3Dで補うという使い方をしてます。
キャラの持っているアイテムや背景などに使います。
多少手直しは必要ですが線画抽出もできるのでとても便利です。
独学でにわかですが今回はSketchUp
こんなもの作れるよっていうのを紹介出来たらなと思います。

f:id:ex-design:20151027202002j:plain

宜しくお願い致します!

f:id:ex-design:20160928171121p:plain

ソフトを立ち上げると3D空間が表示されます。
図形ツールで円と四角を作ってみましょう。

f:id:ex-design:20170704194705p:plain

 

▲次にプッシュプルツールを使って面をドラッグで上に持ち上げると
円柱と四角柱が簡単にできます。

 

f:id:ex-design:20170704194807p:plain

 

f:id:ex-design:20151027202009j:plain

たのしそう!!

f:id:ex-design:20160928171123p:plain

楽しい!!
こんな感じで何かアイテムを作ってみましょうか。
エクスちゃんリクエストお願いします。

f:id:ex-design:20151027202002j:plain

そうですねぇ~~~
そろそろ夏ということで浮き輪なんてどうでしょう!
単純そうで描くと中々むずかしいんですよねぇ~

f:id:ex-design:20160928171125p:plain

浮き輪いいですね~。了解です。

f:id:ex-design:20170704195052p:plain

 

▲まず僕の浮き輪イメージを描き起こしてみました。
これを目指して3Dデータを作成していきます。

 

f:id:ex-design:20170704195121p:plain

▲これが白紙の状態です。

 

f:id:ex-design:20170704195603j:plain

▲円ツールで青軸を中心に円(大)を作り
その円と赤軸の接点を中心に円(小)を作ります。
円(小)を選択ツールで選択します。

 

f:id:ex-design:20170704195558j:plain

 

f:id:ex-design:20170704195554j:plain

▲次に回転ツールで円(小)の中心から
赤軸の方向へドラッグします

 

f:id:ex-design:20170704195550j:plain

▲すると円(小)からもう一本線が出るので
赤軸とは直角の緑軸方向に伸ばしてクリックします。

 

f:id:ex-design:20170704195545j:plain

▲ctrlキーを押しカーソルを動かすと
円(小)が複製され回転しますので
「90度」のところで止めます
このとき「90」と入力すると90度になります。

 

f:id:ex-design:20170704195657j:plain

▲寝たままの円(小)など余計な線を消しゴムツールで消します。

 

f:id:ex-design:20170704195653j:plain

▲立てた円(小)をフォローミーツールで
円(大)に沿って一周させるようにドラッグします

 

f:id:ex-design:20170704195649j:plain

▲始点と終点を合わせるとこうなるので
邪魔な真ん中の面を選択し右クリックで消します。

 

f:id:ex-design:20170704195645j:plain

▲すると浮き輪の完成ですが
もう少しイメージに近づけるべくストライプ模様をいれていきます

 

f:id:ex-design:20151027202002j:plain

おぉ~!なんだかドーナツが食べたくなりますね。。。

f:id:ex-design:20170704195641j:plain

▲次にプッシュプルツールを使って面をドラッグで上に持ち上げると、
円柱と四角柱が簡単にできます。
選択ツールで全体を選択右クリックで「グループ化」します。

 

f:id:ex-design:20170704195815j:plain

▲次に線ツールで
原点から緑軸に線を引き、三角形を作ります。

 

f:id:ex-design:20170704195811j:plain

▲作った三角も右クリックからグループ化します。

 

f:id:ex-design:20170704195807j:plain

▲浮き輪を切断するイメージで
移動ツールで青軸方向(真下)へ下ろします。

 

f:id:ex-design:20170704195802j:plain

▲次に回転ツールで
青軸上にある三角の起点をクリックし
三角の底辺をなぞるようにひっぱり再度クリックします

 

f:id:ex-design:20170704195757j:plain

▲すると三角の角度を自由に360度回転できるようになるので
ここで「Ctrl」を押すと三角が複製されます。

 

f:id:ex-design:20170704195926j:plain

▲テンキーで「45」と入力すれば45度の角度で複製されます

 

f:id:ex-design:20170704195922j:plain

▲更に「*7」と入力することで7回同じ動作を繰り返してくれます

 

f:id:ex-design:20170704195918j:plain

▲うきわを右クリックして「面を交差」させると

 

f:id:ex-design:20170704195914j:plain

 

f:id:ex-design:20170704200037j:plain

▲うきわと三角の接面に境界線が現れるので

 

f:id:ex-design:20170704200033j:plain

▲三角たちを

 

f:id:ex-design:20170704200028j:plain

▲消去します

 

f:id:ex-design:20170704200024j:plain

▲すると縞模様の入った浮き輪のできあがりです。

 

f:id:ex-design:20170704200019j:plain

 

f:id:ex-design:20170704200106j:plain

▲影やワイヤーフレームの表示などもできます。

 

f:id:ex-design:20170704200100p:plain

▲次にプッシュプルツールを使って面をドラッグで上に持ち上げると、円柱と四角柱が簡単にできます。

 

f:id:ex-design:20160928171122p:plain

以上となります。お疲れ様でした。
効率化を図るというのもありますが、絵を描くツールだけではなく
様々なソフトを駆使することで絵の幅も広がると思います。
楽しみながら常に工夫をするということが大切だと僕は思いますね。

f:id:ex-design:20151027202007j:plain

なるほど。
でも3Dに頼り過ぎて絵の練習を怠らないようにしないとですね!

f:id:ex-design:20160928171124p:plain

ぎくっ

f:id:ex-design:20151027202003j:plain

こうした新しい試みや創意工夫がより良い作品作りに役立っているのですね。
ninnzinn先生お疲れ様でした!

f:id:ex-design:20160928171125p:plain

お疲れさまでした!